お役立ち記事

ホーム ≫ お役立ち記事 ≫ 孤独死の問題を解決 清掃は特殊業者に依頼する

孤独死の問題を解決 清掃は特殊業者に依頼する

孤独死の問題を解決 清掃は特殊業者に依頼する

 

 

 

今後日本は高齢化社会を迎え、確実に孤独死の率も高くなると言っていいでしょう。今回高齢者の孤独死の現状と原因、若い層にも孤独死の増加傾向があること、また孤独死の対処の方法を解説します。孤独死の現場に遭遇した時、即特殊清掃業者に依頼することで被害を最小限に留めることができます。是非、最後までお読みください。

 

 

1.高齢者の孤独死が増えている

 

1-1.独居老人とは

 

独居老人とは、おひとりで日常生活を送っている方々のことです。

結婚していないから独居老人という方々もいらっしゃるでしょうけど、そうではなくて、結婚していても伴侶を既に失ってしまったから独居老人という方々もいます。

 

それを考えると同時に夫婦がなくなるというケースは稀なので、どのような方々も独居老人の生活を余儀なくされる可能性があると言っていいでしょう。

 

1-2.独居老人が孤立してしまう問題

 

独居老人の問題点は、周囲の人たちとの関係が疎遠になりコミュニケーションが希薄になってしまうことです。コミュニケーションが得意ではない、また、リタイアしてわずらしいおつきあいは卒業しようとする方々もいます。生活の中で孤立してしまうから、孤独に死んでいってしまうことになります。

 

出来れば孤独死はしたくないと思っているもののそのような状況下では孤独死は必然、避けて通ることができないのです。

 

大事なのは、

・地域と一緒に生活する意識

・コミュニケーションでつながる意識

 

を持つことなのです。

 

地域がそれを積極的にしてくれても制度には限界があります。また拒まれては先にどうしても進むことができません。

 

高齢者になってしまってからでは対応も鈍くなってしまうので、若い頃からそのような認識をもって訓練をするといいでしょう。

 


 

 

2.孤独死の現状

 

2-1.孤独死は男性が多い

 

まずは孤独死の現状を把握してください。孤独死は、男性と女性どちらが多いのかと言えば圧倒的に男性です。比率で言えば、8:2です。

 

そこでなぜ、孤独死は男性が多いのかということが疑問になるでしょう。孤独死の死因では病死が一番多く、あとはわからないケースがあり、自殺、事故死と続きます。

 

実際に一人暮らしをしている率は女性の方が多いとされています。なのになぜ男性の孤独死の率が圧倒的に高いのか。ここには女性には存在しない高齢者男性の特徴が顕著にあるとされています。

 

2-2.男性は近所づきあいをしようと思わない

 

それは男性の方が率先して近所づきあいをしようと思わないことです。道の真ん中で立ち話をしているのも女性たちがほとんどと言っていいでしょう。女性たちはそのような日常生活によってコミュニケーションの輪を作っているということができます。男性の方は女性と比較してコミュニケーションが得意ではない傾向から、孤独死の率がアップしてしまうことになります。

 

またかつて男性たちは仕事場に出かけていって女性以上バリバリ仕事に集中していたことがあったでしょう。そのような場でコミュニケーションは強制でありうんざりしていた方々もいたのかもしれません。定年退職をしてしまうことでとたんにコミュニケーションがなくなる男性が多いと言います。

 

日常生活でコミュニケーションの輪を作る女性たちの方が、強制されたコミュニケーションではないためずっと持続出来るかもしれません。

 

2-3.周囲の人たちの助けは借りないで自分一人の力で生きていこうとする

 

特に男性たちの中には、周囲の人たちの助けは借りないで自分一人の力で生きていこうという美学をお持ちの方々がいます。 クールに生きていくことがカッコウのいいことなのかもしれませんがそのクールさが、孤独死の原因につながってしまうこともあります。

 

また、日本少額短期保険協会「第5回孤独死現状レポート」 では孤独死の年齢は、男性と女性同じ平均値で61歳とされています。

 

更に孤独死は、高齢者の方々は6割程度いますが、あとは20~50代の方々です。これは充分若い層でも孤独死の可能性があると考えるべきではないでしょうか。

 


 

 

3.若い層の孤独死の原因

 

3-1.病死

 

若い層の孤独死の原因についしても考えてみましょう。一人暮らしをしている方々が突然病気をして孤独死となってしまったということはおおいにあり得ることです。

 

若い人たちの孤独死の原因は、圧倒的に病死です。また、自殺も少なからずいます。若い人たちほど自殺のケースが多い傾向があります。

 

出生動向基本調査/国立社会保障・人口問題研究所のデータでは、いずれは結婚したいと考える未婚者(18歳から34歳)の割合は、男性86.3%、女性89.4%と言った高い水準にあります。しかし一方では一生結婚するつもりはないとする未婚者は男性9.4%、女性6.8%という結果で徐々に増え続けています。若者たちは結婚をしないから、単身者世帯となり病死しても誰にも気づかれないことがあります。 

 

また結婚していても核家族の傾向がどんどん高まっているので若い人たちでも、充分孤独死の確率が高まっていると言っていいでしょう。伴侶が少なくとも側にいてくれれば、相手の健康のことをお互い気遣うことができるでしょう。しかし1人の生活になってしまえばそれがありません。健康診断に行くこともついついサボってしまって、大病で病死に至ることもあります。

 

3-2.貧困

 

また若い人たちの中には貧困が原因で孤独死に至ることもあります。新型コロナの影響でも次々と会社が倒産しているでしょう。倒産して収入がなくなれば、病院に行くお金もなくなってしまうでしょう。

 

会社が倒産して、精神的ダメージを受けて、社会から距離をおき孤独になってしまう人たちもいます。

 

3-3.パラサイト・シングル

 

また、パラサイト・シングルの増加も孤独死の原因としてあげることができます。パラサイト・シングルとはいつまでも親に依存し続けている状態のことを言います。パラサイト・シングルの人たちは、生活能力が非常に低い傾向があります。

 

親に依存して生活していけばいいと考えるものの親はやがて高齢化してしまう死んでしまうことがあります。仕方なく独居老人となり孤独死をしてしまうのです。

 


 

 

4.孤独死を防ぐために出来ること

 

4-1.自治体では孤独死対策のためのサービスを提供している

 

それでは、孤独死を防ぐためにいま出来ることについて考えてみましょう。

 

例えば、様々な自治体では、孤独死対策のためのサービスを提供していることがありますので、そのようなものを利用するといいでしょう。

 

例えばボランティア活動であったり、新聞・生協の配達などを通し安否確認を行うことができるサービスが提供されています。そのようなものを利用することで、少なくとも孤独死を早期に発見することができます。

 

4-2.高齢者向けの見守りサービス

 

自治体だけでなく、様々な企業では高齢者向けの見守りサービスを提供していることもありますのでそのようなものを利用するといいでしょう。

 

スマートフォンの見守りアプリや、電力・ガス会社、セキュリティ会社の見守りサービス、家電の見守りサービス、見守りカメラ……。今後、孤独死の方々が増加する傾向を予測して、様々なサービスが提供されています。

 


 

 

5.孤独死現場の清掃

 

5-1.遺体の傷みでお部屋が汚れてしまうことがある

 

孤独死が起きてしまったら、お部屋をキレイにすることも真剣に考えていかなければならないでしょう。孤独死は、なかなか人に発見してもらうことができないため、時間が経過してしまう程、遺体の傷みでお部屋が汚れてしまうことになります。

 

身内の人たちが死後数日程度経過して、遺体を発見するというケースもあります。発見した時には、相当腐敗も進行してしまい、ニオイも発生して周囲の人たちにも相当迷惑がかかってしまうことがあります。自身で体液を掃除してしまうことが感染症のリスクもあります。無知なまま作業してしまうと、なかなかニオイが取れないこともありますので、特殊清掃業者に依頼することがおすすめです。

 

また遺体から害虫が発生してしまうこともあります。そのような場合、特殊清掃業者なら、特殊な薬剤や技術で対処することができます。

 

さらに遺品、ゴミに対して、整理、処分する必要があります。そのようなときには遺品整理をしてくれる業者に依頼をします。専門業者だから、ゴミの分別に対しての知識も持ち、リサイクルにもしっかり対応します。プロに任せることは、時間と労力を削減できる方法です。

 


 

6.まとめ

 

いかがでしょうか。今回、孤独死の問題についてお話しをしました。孤独死の問題は、現在、いろいろな対策、またサービスが提供されています。

 

孤独死の問題は、決してゼロには出来ないことかもしれません。高齢化社会となり今後も孤独死は増加し続けてしまうことでしょう。

 

孤独死と遭遇してしまった人たちは、清掃、遺品整理のことについても考えていく必要があります。それは単に素人の方々が掃除と向きあう姿勢では対処できはることではありませんので、特殊清掃業者に依頼する必要があります。

 

しかし、実際に特殊清掃が必要な状況になった場合、インターネットで特殊清掃業者を検索すると業者が多く、どの業者に頼んでいいのかなかなか判断が難しいです。

 

適正な業者の見分け方は各業者のホームページ上ではなかな見分けがつきづらく、実際に見積を頼んで比べてみるしかありません。

 

複数社に見積をお願いして、見分けるには多大な労力がかかります。

 

そのような業界背景から私たち「特殊清掃の相談所」ができました。

 

事前にご依頼者様から状況を伺い、その状況にあった適切な業者をご依頼者様にご紹介させて頂くことで、お客様の労力軽減と適切な優良業者を繋げさせていただきます。

 

 

特殊清掃の相談所が選ばれる理由

 

1・厳正な審査にクリアした優良業者のみをご紹介

ご依頼者様が安心して任せられるよう、特殊清掃の相談所の登録業者は実績、対応力、技術力、評判など厳正な審査科目をクリアした業者のみ登録しています。

作業後のアンケートでも評判のいい業者を厳選。

業者によっては見積で料金を請求している業者もいますが、

特殊清掃の相談所でご紹介する業者は見積無料になります。

 

 

2・簡単相談!手間を省き、負担軽減

それぞれの業業者を探して、連絡、日程調整まですることは多大な労力が必要になります。

一度の問い合わせで相見積もり可能なため、業者に何度も同じ説明をする手間を省きます。

また、キャンセルや日程調整も特殊清掃の相談所にご連絡頂ければ、各業者への連絡も代理対応します。

 

 

3・豊富なサービスで対応領域が広い

高価買取や供養対応、即日対応

遺品整理から、ごみ屋敷の片づけ、ペット屋敷、特殊清掃、除菌作業からリフォーム、解体、家の売買まで

各分野の専門業者と提携

一度の電話でご依頼者様の求めるサービスをお繋することができます。

 

 

 

特殊清掃の相談所の審査基準

・法律を遵守して運営しているか

・電話対応や接客等の質が良いか

・過去に実績を積んでいるか

・確かな技術力があるか。施工方法など

・口コミ、評判はどうか

 

など厳しい審査項目をクリアした業者のみをご紹介しています。

 

また、登録後もご依頼様へアンケートを送り、業者の実態を随時チェックしています。

➡特殊清掃、遺品整理業者の料金や口コミを見る

 

 

まずは無料相談を

・特殊清掃をお願いしたいけど、どうしたらいいかわからない

・料金や今後の見積の流れはどうなるの

・どの業者が良いのかわからない

・はじめて利用するけど、何をすればいいの

 

気になる点や分からないことなどお気軽にご相談ください。

業界知識豊富な専門のアドバイザーがご相談に対応させて頂きます。

 

無料相談は電話、メール、LINEで相談可能になっています。

➡無料相談はこちらから

 

【関連記事】

現代社会に不可欠である特殊清掃とは

特殊清掃とは特殊清掃業者を探す料金相場サービスのご案内お役立ち記事ご相談・お問い合わせ